肩のストレッチと姿勢


by banrai3

肩の痛みを食い止めるためのストレッチ

腱板切断、石灰性腱板炎、四十肩を食い止めるためのストレッチは、肩の筋肉や腱板を意識的に、たくさんの向きに動作します。
1、肩の上げ下ろしストレッチ
足を肩幅に開いてあごを引いて立ちます。
背中をまっすぐにし、息を吸いながら両肩を上げ、息を吐きながらゆっくり下ろします。
肩を上げる時、肩甲骨を意識して寄せると、日常あまり動かさない肩の筋肉やじん帯を動かせます。
2、背中摩擦ストレッチ
手をお尻の後で組みます。
お尻から背中に沿って組んだ手をゆっくり上げます。
肩が辛くないところまで上げたらゆっくり下ろします。
3、上肢まわしストレッチ
両腕をまっすぐにして、ゆっくり大胆にまわします。
外まわしと内まわしを順番にそれぞれ10回ずつ繰り返します。
四十肩の予防には、上肢を上げるストレッチが有効です。
[PR]
by banrai3 | 2008-05-19 10:27 | 肩こり